まつ毛エクステについてのよくある質問

花粉症でもエクステは出来ますか?

Hydoorでは初回のカウンセリング時に花粉症がないかを伺っています。花粉症で目に痒みが出ているとエクステに影響が出る可能性があるからです。花粉症だとまつ毛エクステが出来ない訳ではありませんのでご安心下さい。
地まつ毛も、まつ毛エクステも摩擦にとても弱いです。花粉症による目の痒みで掻いてしまうとエクステが取れやすくなってしまったりまつ毛が抜けてしまう可能性があります。できるだけ掻かないように心がけて下さい。
また、施術も花粉の多い時期は摩擦に耐えられるようにいつもより短め、細め、カール緩めで付けてあげるのもいいですね。いつもより少し早い来店周期でご来店いただくのもいいかもしれません。そのときの状況に合わせてエクステも変えてあげましょう。

施術中にトイレに行きたい場合はどうすれば良いですか?

施術中は絶対にお手洗いに行けない訳ではありません。おっしゃって頂ければ施術中でもテープを外してお手洗いに行く事が可能です。遠慮なさらずに仰って下さい。我慢をしてしまうと身体にも悪いですし、せっかくリラックス出来る時間のはずがとても辛い時間になってしまいます。「あと少しかもしれないから我慢しよう、、まだかな、、まだかな、、あとどれくらいだろう、、」と思っている間にも終らない事が殆どだと思うので、「トイレに行きたいです」や「あとどれくらいで終りますか?」など質問して下さいね。

 

施術中目が沁みた事があります。薬剤が目の中に入っているのですか?

 

目が沁みるとせっかくのリラックスできる時間が苦痛の時間になってしましますよね。沁みてしまう原因は接着剤が目に入ってしまったのではなく、接着剤の揮発性分によるものです。接着剤が乾くときに揮発性分が発生します。その揮発性分が水分に引き寄せられる性質を持っていて、目の涙に引き寄せられて目が沁みてしまうのです。
施術中に目が少し開いてしまったり、元々のお目元の形で開きやすかったりというのが原因です。少しの隙間から揮発性分が入り込んでしみてしまいます。
原因が分かったところで、対策をお伝えします。Hydoorではこの揮発性分を飛ばすのに弱い風を当てることができます。それでも沁みてしまう場合は、お目元周りに濡れたコットンを置きます。そうすることによって揮発性分がコットンの水分に引き寄せられるからです。Hydoorではお客様に合わせて施術を行っていきますのでどんな些細なことでも是非ご相談下さい。

エクステはどのように付けているんですか?

 

私もアイリストになる前はどうやってエクステを付けているのか凄く疑問でした。接着剤はまつ毛に付けているのか?それともエクステに付けているのか?エクステは本当に1本ずつ付けているのか?謎が沢山ありました。
エクステは3ステップで付けています。
①まつ毛を1本取る

20160502023742

②接着剤をエクステに付ける

20160502023757

③接着剤の付いたエクステを地まつ毛に付ける

これで完成です。こんな感じでエクステを装着しています。

 

エクステを付け始めてから地まつ毛の調子が良くなりました。なぜですか?

 
エクステを付ける前のメイクでビューラー・マスカラを使用していませんでしたか?実はこのビューラーとマスカラが地まつ毛を傷めてしまっていた原因かもしれません。ビューラーによる圧力で地まつ毛が抜けてしまったり、挟んだ部分から切れてしまうということがあります。ホットビューラーは熱を与えるのでその熱でまつ毛の大事な水分が奪われてしまいます。ビューラーの使用には注意しましょう。そしてウォータープルーフのマスカラも同様に注意して下さい。まつ毛にとって摩擦は大敵です。落としにくいマスカラを使用してしまうとどうしてもクレンジングで負担がかかってしまいます。マスカラを使用する際はお湯で簡単に落とせるものがオススメです。
 

シルクとかミンクとかセーブルってなんですか?

mink

エクステの毛の種類を指します。もちろんそれぞれ本物ではなく、ただのネーミングです。実はシルクもミンクもセーブルも同じ成分で出来ています。エクステの成分はポリブチレンテレフタレートというプラスチックで作られています。ではこの3つ、成分が同じなのであれば何が違うのか・・・?
エクステは毛先に向かって先細りになっているのですが、その先細り度合いが違います。シルクは先端の方まで太さがしっかりとあるので、固くできていて、付けまつ毛のような質感です。セーブルは根元の方から先細っているのでとても柔らかい仕上がりです。付け心地は自然ですが、カールが取れやすいというデメリットもあります。
Hydoorではミンクを取り扱っています。自然に先細っているので付け心地も良く自然で、持ちが良いのが特徴です。固過ぎず、柔らか過ぎないのでお客様にもとてもご好評頂いております。

 

まつ毛エクステの発祥はどこですか?

 

まつ毛エクステは韓国で誕生しました。元々付けまつ毛工場で余った人工まつ毛を再利用したのが始まりだそうです。1980年頃から韓国にはまつ毛エクステがあったんです。さすが美容大国ですね。日本にまつエクが入ってきたのは2000年前後ですが、当時は数本の地まつ毛に数本のエクステンションを付けるという現在とは違う方法で装着していました。今は1本の地まつ毛に1本のエクステを付けるのが主流ですがそれはここ10数年くらいのまだ歴史の浅い技術です。日本人の細かい正確で確実な施術が世界でも注目されています。
まだまだ歴史の浅いまつ毛エクステの技術ですが、色んな問題やトラブルが存在していることも事実です。そんな中、Hydoorでは1度もトラブルを起こしたことがありません。安心・安全をモットーに確かな技術を提供していることがHydoorの自慢です。

 

上記以外にも質問がございましたら、どんなに些細なことでもかまいませんのでお気軽にメールやLINE@でご連絡下さいませ。

 





関連記事

  1. まつ毛についてのよくある質問

  2. まつ毛エクステのアレルギーについてよくある質問

  3. 施術中にトイレに行きたくなったら…

  4. 初めてのまつ毛エクステのよくあるご質問

  5. Hydoorについてのよくある質問

PAGE TOP